この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

NW-JZ10とNW-JY10の違いを比較!おすすめは?象印極め炊き

キッチン家電

NW-JZ10とNW-JY10の違いを比較して解説します。

NW-JZ10とNW-JY10の違いを比較したところ、次の5つでした。

  • 発売日が違う
  • 価格が違う
  • 雑穀米炊きわけはNE-JZ10だけ
  • デザインが違う
  • 消費電力が違う

本文で詳しくご紹介しますね。

[2023年発売NW-JZ10のカラー設定はブラック1色です]

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥43,900 (2024/04/17 22:12:48時点 Amazon調べ-詳細)

>>>NW-JZ10の口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています。

[2022年発売NW-JY10のカラー設定はブラック1色です]

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥39,600 (2024/04/18 00:43:35時点 Amazon調べ-詳細)

>>>NW-JY10の口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています。

NW-JZ10とNW-JY10の違いを比較

象印極め炊きNW-JZ10とNW-JY10の違いは次の5つです。

  • 発売日が違う
  • 価格が違う
  • 雑穀米炊きわけはNW-JZ10だけ
  • デザインが違う
  • 消費電力が違う

それぞれの違いを詳しくお話ししますね。

発売日が違う

NW-JZ10は2023年7月発売です。

NW-JY10は2022年7月発売です。

NW-JZ10がJY10の後継機種という位置づけです。

価格が違う

2024年2月16日現在の両者の価格を調べました。

まずはAmazonの最安値から。

NW-JZ-10が¥47,000

NW-JY10が¥45,000でした。

つぎに楽天市場で最安値を調べてみると、

NW-JZ10が¥46,945で

NW-JY10が¥51,480で逆転現象が起こっていました。

NW-JZ10は発売後約6か月なので、まだまだ旧タイプのNW-JY10も人気なようです。

雑穀米炊きわけはNW-JZ10だけ

新型のNW-JZ10にだけ、雑穀米を炊きわける機能が搭載されています。

引用元:ZOJIRUSHI公式HP

NW-JY10は雑穀米の炊き上がりは1種類のみとなっています。

雑穀米をお好みの食感で食べられるので、健康に気を使っている方にはピッタリですね。

デザインが違う

両方とも設定カラーはブラックのみですが、ご覧のとおりデザインに微妙な違いがあります。

こちらがNW-JZ10です。

そしてこちらがNW-JY10です。

NW-JY10にはシルバーのモールがついていますね。

微妙な違いなので、お好み次第ですね。

消費電力が違う

両者を比較すると、消費電力に違いがありました。

まず、1回あたりの炊飯時消費電力量はNW-JZ10が139Whです。

NW-JY10は149Whです。

新型のNW-JZ10のほうが省エネ性能に優れています。

また、1時間あたりの保温時消費電力量はNW-JZ10が16.7Whです。

NW-JY10は15.8Whです。

こちらはNW-JY10のほうが優れていますね。

炊飯はNW-JZ10が、保温はNW-JY10がそれぞれ少ない消費電力ですね。

れなら、両者に大きな差はないと考えてよさそうです。

[2023年発売の象印極め炊き5.5合NW-JZ10はこちら]

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥43,900 (2024/04/17 22:12:48時点 Amazon調べ-詳細)

>>>NW-JZ10の口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています。

[2022年発売の象印極め炊き5.5合NW-JY10はこちら]

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥39,600 (2024/04/18 00:43:35時点 Amazon調べ-詳細)

>>>NW-JY10の口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています。

NW-JZ10とNW-JY10 どちらがおすすめ?

NW-JZ10とNW-JY10の違いを踏まえて、どちらがどんな方におすすめか整理しますね。

NW-JZ10がおすすめな方

  • 発売が新しい製品を好む方
  • 雑穀米の炊き上がりにこだわる方

NW-JY10がおすすめな方

  • 旧タイプでも定評のあるものがいい方
  • お手頃な価格で購入したい方

雑穀米の炊きわけ機能に魅力を感じる方はNW-JZ10を、お手頃価格で購入したい方はNW-JY10をお選びになるとよいでしょう。

[雑穀米の炊きわけにこだわる方には新型NW-JZ10を]

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥43,900 (2024/04/17 22:12:48時点 Amazon調べ-詳細)

>>>NW-JZ10の口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています。

[お手頃価格が魅力の旧型NW-JY10はこちら]

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥39,600 (2024/04/18 00:43:35時点 Amazon調べ-詳細)

>>>NW-JY10の口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています。

NW-JZ10とNW-JY10の比較表

2023年発売のNW-JY10と2022年発売のNW-JY10の違いを表にまとめました。

NW-JZ10NW-JY10
発売日2023年7月2022年7月
Amazon価格¥47,000¥45,000
楽天市場価格¥46,945¥51,480
雑穀米炊きわけ×
炊飯容量(白米L)0.09〜1.0(5.5合)0.09〜1.0(5.5合)
炊飯時消費電力1240W1240W
1回あたりの炊飯時消費電力量139Wh149Wh
1時間あたりの保温時消費電力量16.7Wh15.8Wh
外形寸法 幅×奥行×高さ27.5×34.5×21.5cm27.5×34.5×21.5cm
ふた開き時の高さ44.5cm44.5cm
質量6.5kg6.5kg

機能のほとんどはほぼ同じ仕様ですね。

[雑穀米の炊きわけにこだわる方には新型NW-JZ10を]

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥43,900 (2024/04/17 22:12:48時点 Amazon調べ-詳細)

[お手頃価格が魅力の旧型JY10はこちら]

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥39,600 (2024/04/18 00:43:35時点 Amazon調べ-詳細)

NW-JZ10とNW-JY10 共通の特長や機能

ここからはNW-JZ10とNW-JY10共通の特長や機能についてお話ししますね。

豪炎かまど釜

どちらも内釜は「豪炎かまど釜」です。

発熱効率や蓄熱性の高い「鉄」、熱伝導にすぐれた「アルミ」、耐久性のある「ステンレス」を組み合わせた内釜です。

内釜のふちを厚くして熱を逃がさず、効率よく加熱してくれるんですよ。

また、内釜表面と内ぶたのプラチナコートでごはんの甘み成分を引き出します。

これなら、ごはんがおいしく炊けるはずですね。

炊き上げ圧力

大火力で高温を一定時間持続します。

加えて、圧力をかけ続けることによって100℃以上の高温で釜内に激しい対流を起こします。

こうすることでお米の甘み成分を引き出してくれるんです。

引用元:ZOJIRUSHI公式HP

だからふっくら・もちもちで甘みのあるごはんが炊けるんですね。

81通りのわが家炊き

どちらも、内蔵された81通りの食感の中からあなたの好みをカンタンに設定してくれます。

設定方法は、ごはんの炊き加減に感想を入力するだけ。

水分の微調整もなく、モチモチ、かため、やわらかめなど好みの炊き上がりにしてくれます。

冷凍ごはんメニュー

底部のセンサーが保温に最適な温度に管理してくれるんです。

そのため、最大40時間もの間、おいしさをキープしてくれます。

時間がたっても炊きたてのようなおいしさが保てますよ。

引用元:ZOJIRUSHI公式HP

お手入れカンタン

どちらも、お手入れはとってもカンタンで、ラクですよ。

毎回のお手入れは内ぶたと内釜を洗うだけなんです。

また、トッププレートや庫内もフラットで拭きやすくなってます。

毎日のことですから、カンタンでラクなほうがいいですよね。

40時間保温

どちらも、ごはんのパサつきをおさえて、40時間までおいしく保温してくれます。

引用元:ZOJIRUSHI公式HP

ふたセンサーと底部のセンサーが保温に適切な温度に管理してくれるんですね。

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥43,900 (2024/04/17 22:12:48時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥39,600 (2024/04/18 00:43:35時点 Amazon調べ-詳細)

NW-JZ10とNW-JY10の違いを比較!おすすめは?象印極め炊き まとめ

以上、NW-JZ10とNW-JY10の違いをお伝えしました。

違いは次の5点でしたね。

  • 発売日が違う
  • 価格が違う
  • 雑穀米炊きわけはNW-JZ10だけ
  • デザインが違う
  • 消費電力が違う

どちらも「極め炊き」「豪炎かまど釜」でおいしく炊き上げる機能は同じです。

雑穀米の炊きわけに違いがあるのと、価格に差がありますね。

ここに着目しすると決めやすいですよ。

最後までお読みくださってありがとうございます。参考になればうれしいです。

[2023年発売NW-JZ10のカラー設定はブラック1色です]

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥43,900 (2024/04/17 22:12:48時点 Amazon調べ-詳細)

>>>NW-JZ10の口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています。

[2022年発売NW-JY10のカラー設定はブラック1色です]

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥39,600 (2024/04/18 00:43:35時点 Amazon調べ-詳細)

>>>NW-JY10の口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています。

見逃し禁止!Amazonで象印極め炊きNW-JZ10を買う前に

象印極め炊きの5.5合炊きNW-JZ10を一日でも早くお使いになりたいですよね。

Amazonプライム会員に登録すれば、お急ぎ便を追加料金なしで使えますので、最短で翌日商品が届きます。

お米ひと粒一粒が立っているおいしい白ごはんが炊けますよ。

30日間は無料でお試しできるので、ぜひそのほかの会員特典もお試しください。

  • お急ぎ便・日時指定が無料
  • Prime Videoが追加料金なしで対象作品を見放題
  • Amazon Music Primeも追加料金・広告なしで聴くことができます
  • Prime Readingで対象の本が読み放題
  • 会員限定先行タイムセールで、通常より30分早く注文できます

Amazonプライム無料体験に登録してから商品を購入すれば、最短翌日に商品が届きます。

【Amazonプライム無料体験はこちら】

コメント

タイトルとURLをコピーしました