この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

エコジーノンフライヤーAF-CT400AとAO-SS160Aの違いを比較!おすすめは?

キッチン家電

エコジーノンフライヤーAF-CT400AとAO-SS160Aの違いを比較しました。

AF-CT400AとAO-SS160Aの違いは次の7点でした。

  1. AF-CT400Aは容量4.3L、AO-SS160Aは16L
  2. プリセットメニューはAF-CT400Aが12種、AO-SS160Aは14種
  3. レシピはAF-CT400Aが108種、AO-SS160Aは30種
  4. 設定温度はAF-CT400Aが40-200℃、AO-SS160Aは90-230℃
  5. 操作はAF-CT400AがLEDディスプレイ+ダイヤル、AO-SS160Aはタッチパネル
  6. 機能はAF-CT400Aが6役、AO-SS160Aは8役
  7. AO-SS160Aには二重調理機能がついている

どちらも油を使わず、プリセットメニューでカンタンに調理できます。

大きく違うのは、容量とレシピの種類です。

本文でくわしく解説しますね。

[レシピ数100超えのエコジーノンフライヤーAF-CT400Aはこちら]

>>>エコジーノンフライヤーAF-CT400Aの口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事で!

[16Lの大容量ノンフライヤーエコジーAO-SS160Aはこちらから]

>>>エコジーノンフライヤーAO-SS160Aの口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事を!

エコジーノンフライヤーAF-CT400AとAO-SS160Aの違いを比較

エコジーノンフライヤーAF-CT400AとAO-SS160Aの違いは次の7点です。

  1. AF-CT400Aは容量4.3L、AO-SS160Aは16L
  2. プリセットメニューはAF-CT400Aが12種、AO-SS160Aは14種
  3. レシピはAF-CT400Aが108種、AO-SS160Aは30種
  4. 設定温度はAF-CT400Aが40-200℃、AO-SS160Aは90-230℃
  5. 操作はAF-CT400AがLEDディスプレイ+ダイヤル、AO-SS160Aはタッチパネル
  6. 機能はAF-CT400Aが6役、AO-SS160Aは8役
  7. AO-SS160Aには二重調理機能がついている

それぞれ、くわしくご説明しますね。

AF-CT400Aは容量4.3L、AO-SS160Aは16L

庫内容量はAF-CT400Aが4.3Lで、AO-SS160Aは16Lと大きく違います。

こちらがAF-CT400Aで4.3Lです。

引用元:エコジー公式

こちらはAO-SS160Aで、容積は16Lです。

引用元:エコジー公式

この違いからか、AF-CT400Aの調理できる範囲は1から4人まで、AO-SS160Aは1から6人まで、となっています。

大家族向けはAO-SS160Aの方ですね。AO-SS160Aのほうは、扉を開けるとひろびろとした庫内が見えています。AF-CT400Aのほうは、片手で引き出せるバスケットですから、少し小さく見えてしまいますね。

プリセットメニューはAF-CT400Aが12種、AO-SS160Aは14種

AF-CT400Aのプリセットメニューは、野菜、鶏肉、ビーフ、海産物、フライドポテト、ベーキング、トースト、ロースト、解凍、再加熱、脱水、予熱の12種類です。

引用元:エコジー公式

AO-SS160Aのプリセットメニューは、予熱、ロティサリー、二重調理、手動調理、保温、ノンフライ、トースト、ロースト、ブロイル、ベイク、ステーキ、発酵、野菜、乾燥の14種類です。

引用元:エコジー公式

AO-SS160Aの方が、やや種類が多いのですが、それにしても、どちらのプリセットメニューも多彩です。これならどちらを選んでも、お料理の幅がとっても広くなりますね。

レシピはAF-CT400Aが108種、AO-SS160Aは30種

AF-CT400Aには、電子版レシピが108種類準備されています。

引用元:エコジー公式

AO-SS160Aのほうは、電子版レシピが30種類準備されています。

今は、圧倒的にAF-CT400Aの方が豊富なレシピを揃えていますね。AO-SS160Aは、発売間もないために、レシピが少なくて、これから電子版レシピが増えるのかもしれませんね。

設定温度はAF-CT400Aが40-200℃、AO-SS160Aは90-230℃

設定温度はAF-CT400Aが40から200℃です。

AO-SS160Aは90から230℃となっています。

AF-CT400Aの方が、低温から広い範囲で設定できますね。いっぽうのAO-SS160Aの方は、より高温加熱に適していると言えます。

特に200℃と230℃の違いは、焼き上がり加減に大きく影響しそうです。

操作はAF-CT400AがLEDディスプレイ+ダイヤル、AO-SS160Aはタッチパネル

操作はAF-CT400AがLEDディスプレイ+ダイヤルです。

引用元:エコジー公式

AO-SS160Aの方は、タッチパネルによる操作になっていますね。

引用元:エコジー公式

好みはあるでしょうが、どちらもシンプルで、すぐに操作を覚えられるでしょう。

機能はAF-CT400Aが6役、AO-SS160Aは8役

AF-CT400Aはフライヤー、オーブン、レンジ、トースター、フードドライヤー、解凍機の6つの機能を備えています。

引用元:エコジー公式

AO-SS160Aはフライヤー、オーブン、レンジ、トースター、バーベキューコンロ、フードドライヤー、ヨーグルトメーカー、ポップコーンメーカーの8つの機能を備えています。

引用元:エコジー公式

どちらも、キッチン家電をいくつか減らせそうな多機能ぶりですね。

AO-SS160Aには二重調理機能がついている

AO-SS160Aには、2つのプリセットメニューをえらんで、連続調理してくれる二重調理機能がついています。

引用元:エコジー公式

最初のプリセットメニューができあがると、自動で次のメニューがスタートします。手間いらずで、時短できる便利な機能ですね。

この二重調理機能はAO-SS160Aにのみついています。

以上が、AF-CT400AとAO-SS160Aの違いです。

[レシピ数100超えのエコジーノンフライヤーAF-CT400Aはこちら]

>>>エコジーノンフライヤーAF-CT400Aの口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事で!

[16Lの大容量ノンフライヤーエコジーAO-SS160Aはこちらから]

>>>エコジーノンフライヤーAO-SS160Aの口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事を!

AF-CT400AとAO-SS160Aどっちがおすすめ?

AF-CT400AとAO-SS160Aの違いを踏まえて、どちらがどんな方におすすめなのか整理してみます。

AF-CT400Aがおすすめな方

  • いちどに大量につくる必要はない、という方
  • 多彩なレシピをカンタンに楽しみたい方

[レシピ数100超えのエコジーノンフライヤーAF-CT400Aはこちら]

AO-SS160Aがおすすめな方

  • ご家族が多くて、いちどに大量に調理したい方
  • レシピ数より短時間で、手間なく調理することが優先の方

[16Lの大容量ノンフライヤーエコジーAO-SS160Aはこちらから]

やはり一番大きなポイントは、容量の違いでしょう。AF-CT400Aは4L、AO-SS160Aは16Lですから、お料理のできあがる量も大きく違いますね。ご家族の人数が多くて、いちどに大量に調理したい方は、やっぱりAO-SS160Aがおすすめです。

いっぽう、少人数で、いろんなレシピを楽しみたい、という方には4Lの容量でも、準備されているレシピが108種もある、AF-CT400Aがおすすめと言えますね。

AF-CT400AとAO-SS160Aの比較表

  • 容量は4Lだけど、108種のレシピが準備されているAF-CT400A
  • レシピの種類は少ないけど、いちどにたくさん調理できるAO-SS160A

ふたつの違いを表にまとめました。

AF-CT400AAO-SS160A
容量4.3L16L
サイズ幅36.4×奥行33.1×高さ34.5cm幅32.5×奥行26.6×高さ29.8cm
レシピ数108種30種
プリセットメニュー数12種14種
設定可能温度40℃~200℃90℃~230℃
使用電力量1050W1400W
電圧100V(50Hz/60Hz)100V(50Hz/60Hz)
重量 4.5kg6kg
付加機能数1台6役1台8役

表を見て、ふたつの違いを確認してくださいね。

[レシピ数100超えのエコジーノンフライヤーAF-CT400Aはこちら]

>>>エコジーノンフライヤーAF-CT400Aの口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事で!

[16Lの大容量ノンフライヤーエコジーAO-SS160Aはこちらから]

>>>エコジーノンフライヤーAO-SS160Aの口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事を!

AF-CT400AとAO-SS160Aの共通の特長や機能

ここからは、AF-CT400AとAO-SS160Aの共通の特長や機能についてご説明しますね。

360°空気循環技術でシッカリ加熱

どちらも空気を360°の全方向から循環させて食材を加熱します。このため、食材を油で揚げているのと同じように加熱することが出来るんです。

引用元:エコジー公式

このため、油を使わないのに、油で揚げたのと同じような仕上がりになる、というわけです。

透明窓でシッカリ確認

どちらも大きなガラスの開口部がついていて、中の食材の様子がしっかりと確認できます。

AF-CT400A

引用元:エコジー公式

AO-SS160A

引用元:エコジー公式

プリセットメニューで、もともと失敗は少ないはずですが、これなら食材をしっかりチェックできて、ますます失敗しなくなりますね。

油を最大90%カット

どちらも油を使いませんから、揚げ物料理など、普段は油分の多いレシピでも、最大90%もの油をカットしてくれるんです。

引用元:エコジー公式

AF-CT400AもAO-SS160Aも、健康に優しいお料理ができるノンフライヤーなんです。

[レシピ数100超えのエコジーノンフライヤーAF-CT400Aはこちら]

>>>エコジーノンフライヤーAF-CT400Aの口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事で!

[16Lの大容量ノンフライヤーエコジーAO-SS160Aはこちらから]

>>>エコジーノンフライヤーAO-SS160Aの口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事を!

エコジーノンフライヤーAF-CT400AとAO-SS160Aの違いを比較!おすすめは?まとめ

以上、AF-CT400AとAO-SS160Aの違いをお伝えしました。

エコジーノンフライヤーAF-CT400AとAO-SS160Aの違いは次の7点でした。

  1. AF-CT400Aは容量4.3L、AO-SS160Aは16L
  2. プリセットメニューはAF-CT400Aが12種、AO-SS160Aは14種
  3. レシピはAF-CT400Aが108種、AO-SS160Aは30種
  4. 設定温度はAF-CT400Aが40-200℃、AO-SS160Aは90-230℃
  5. 操作はAF-CT400AがLEDディスプレイ+ダイヤル、AO-SS160Aはタッチパネル
  6. 機能はAF-CT400Aが6役、AO-SS160Aは8役
  7. AO-SS160Aには二重調理機能がついている

どちらも、油を使わず、手間なく揚げ物料理ができて、プリセットメニューで調理がラクなノンフライヤーです。

大きな違いは、容量と、レシピの数でした。この点でお決めになられるのがよいと思います。

いちどに大量に調理したい方はAO-SS160Aを、量は少なくてもいいので、さまざまなレシピをつくりたい方はAF-CT400Aをお選びになるといいですね。

最後までお読みくださいましてありがとうございます。参考になれば嬉しいです。

[レシピ数100超えのエコジーノンフライヤーAF-CT400Aはこちら]

>>>エコジーノンフライヤーAF-CT400Aの口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事で!

[16Lの大容量ノンフライヤーエコジーAO-SS160Aはこちらから]

>>>エコジーノンフライヤーAO-SS160Aの口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事を!

【見逃し禁止!】楽天市場でエコジーノンフライヤーを買う前に。楽天カード新規入会で¥5,000をGET !

楽天カードはお持ちでしょうか?今なら、楽天カード新規入会で5000ポイントもらえます!

楽天カードを使って楽天市場でお買い物をすれば、楽天ポイントが3倍になるんです。貯まった楽天ポイントは、楽天市場でのお買い物はもちろん、コンビニやドラッグストア、飲食店など、街中のいろんなお店で使えるんですね。もちろん、年会費は永年無料です。

楽天市場でお買い物するなら、絶対お得なカードです。お持ちでないなら、ぜひ作っておきましょう。

楽天カードの新規作成はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました