この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

山善電気ケトルEGL-C1281とEKG-C801違いを比較!おすすめは?

電気ケトル

山善電気ケトルのEGL-C1281とEKG-C801の違いを比較して、徹底解説します。

山善電気ケトルのEGL-C1281とEKG-C801の違いを比較したところ、以下の3点でした。

  • EGL-C1281は1200W、EKG-C801は1000W
  • デザインが違う
  • カラー展開が違う

どちらも使いやすさや機能に、高い評価がたくさん見られる電気ケトルです。

大きな違いは消費電力量と、デザイン、カラー設定です。

詳しくは、本文でご説明しますね。

[1200Wで4色展開のEGL-C1281はこちら]

>>EGL-C1281の口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています。

[1000Wで3色展開のEKG-C801はこちら]

>>EKG-C801の口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています。

山善電気ケトルEGL-C1281とEKG-C801違いを比較

山善電気ケトルのEGL-C1281とEKG-C801の違いは、つぎの3つです。

  • EGL-C1281は1200W、EKG-C801は1000W
  • デザインが違う
  • カラー展開が違う

それぞれ詳しくご紹介しますね。

EGL-C1281は1200W、EKG-C801は1000W

EGL-C1281は消費電力が1200Wで、EKG-C801は1000Wです。

容量はどちらも800mlですから、お湯を沸かすスピードが若干EGL-C1281の方が早いということですよね。

ただ、両者の口コミレビューには、どちらも「お湯がスグに沸く。」という高い評価がたくさん見られます。

ですから、1200Wと1000Wの違いは、実用には大きな影響はないでしょう。

デザインが違う

つぎの違いは、ご覧のとおり、デザインの違いです。

どちらもスタイリッシュですが、フタと本体の裾の意匠に若干の違いがありますね。

EGL-C1281

 EKG-C801

EGL-C1281はフタと本体の裾にモールがあって、イメージが違います。

お好みのデザインを選べますね。

カラー展開が違う

EGL-C1281は4色展開、EKG-C801は3色展開です。

EGL-C1281は

  • セラドン(青磁色)
  • ブラック&ブロンズ
  • グレージュ&ブロンズ
  • ホワイト&シルバー

の4色です。

EKG-C801は

  • ブラック
  • ホワイト
  • カッパー

の3色です。

 

どちらもシックな色合いですが、モールの有無でイメージが変わりますね。お好みの色をじっくり選ぶことが出来そうです。

いずれの色も、キッチンのテイストに合わせることができて、オシャレですよね。家電らしくないスタイリッシュさで、インテリアにこだわる方にピッタリです。

[4色展開のEGL-C1281はこちら]

>>EGL-C1281の口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています。

[3色展開のEKG-C801はこちら]

>>EKG-C801の口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています。

山善電気ケトルEGL-C1281とEKG-C801おすすめは?

EGL-C1281とEKG-C801の違いをふまえて、どちらがどんな方におすすめなのか整理しますね。

EGL-C1281がおすすめな方

  • 高出力で、少しでも早くお湯を沸かしたい方
  • EGL-C1281の設定カラーにお気に入りがある方
  • EGL-C1281のデザインが気に入っている方

EKG-C801がおすすめな方

  • 沸騰時間はあまり気にならない方
  • EKG-C801の設定カラーにお気に入りがある方
  • EKG-C801のデザインが気に入っている方

色とデザインを見比べて、お決めになられることをおすすめします。

お湯の沸く時間は使っているうちに慣れるかもしれませんが、色やデザインは毎回目にするものですからね。

使っていない時も、キッチンで目にするものですから、お気に入りの色、デザインをお選びになるのがおすすめですよ。

いずれもスタイリッシュな色、デザインですから、お気に入りを選んでおけば、キッチンに置いてあるだけでオシャレな電気ケトルです。

[4色展開のEGL-C1281はこちら]

>>EGL-C1281の口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています。

[3色展開のEKG-C801はこちら]

>>EKG-C801の口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています。

EGL-C1281とEKG-C801の比較表

1200Wで4色展開のEGL-C1281と1000Wで3色展開のEKG-C801の違いを表にまとめました。

ELG-C1281EKG-C801
消費電力1200W1000W
電源AC100V(50/60Hz)AC100V(50/60Hz)
コード長0.7m0.9m
容量800ml800ml
温度設定範囲50-100℃50-100℃
安全装置温度ヒューズ温度ヒューズ
サイズW28.5×D18×H22.5cmW28.5×D19×H24cm
カラー設定4色3色

比較表を見てみると消費電力、カラー設定以外の機能は、ほぼ変わらないのがよくわかりますよね。

[4色展開のEGL-C1281はこちら]

[3色展開のEKG-C801はこちら]

EGL-C1281とEKG-C801 共通の特長や機能

山善電気ケトルEGL-C1281とEKG-C801の共通の特長や機能をご紹介します。

はずしやすいフタに改良

従来からリクエストの多かったフタの開け閉めを改善しています。

シリコンの追加で、外しやすくなりました。

しかも、外しやすいのに、シリコンのおかげで、逆さにしても外れないほどシッカリと閉まります。

シリコンは取り外し可能なので、カンタンに外して洗えます。

これなら毎回清潔に保てるんです。

フタの開け閉めは、毎回のことなのでストレスはない方がいいですよね。

温度設定範囲を50℃~100℃に拡大

従来タイプは温度設定範囲が60℃~100℃でした。

EGL-C1281とEKG-C801は50℃~100℃に拡大されています。

白湯が60℃だとチョッと熱い、という時には50℃から1℃単位で設定できるので、ほどよい熱さで召し上がれます。

また、野菜は50℃の温水で手早く洗うとシャキッとするんだそうです。サラダも美味しく食べられますね。

わずか10℃の差ですが、見過ごせないものですよ。

細くてお湯を注ぎやすい注ぎ口でドリップコーヒーにも最適

細い注ぎ口のおかげで、注ぐお湯の量を自由自在にコントロールできます。

また狙ったところに正確に注げますね。

ドリップコーヒーにはホントに最適です。

握りやすいハンドルで、ますますお湯を狙ったところに注ぎやすく、余分な力も必要ありません。

ドリップコーヒーを意識した設計のようですね。よい口コミレビューには、コーヒー通の方らしい高い評価がとってもたくさん見られます。

素早い反応でストレスのない操作盤

操作パネルは、わかりやすい表示が特長です。

中央上部に温度表示、周辺部に電源・温度選択・ワンタッチ沸騰・保温の4種の操作、中央下部に温度設定の+と-が配置されていますね。

いずれもタッチパネル方式で、よい口コミレビューにもあるように、とても素早い反応です。

ストレスなくカンタンに操作できて、しかもシンプルですぐに覚えられますよ。

 

以上、EGL-C1281とEKG-C801の共通の特長や機能についてご紹介しました。

山善電気ケトルEGL-C1281とEKG-C801違いを比較!おすすめは?まとめ

以上、山善電気ケトルEGL-C1281とEKG-C801の違いを3つお伝えしました。

違いはこの3つです。

  • EGL-C1281は1200W、EKG-C801は1000W
  • デザインが違う
  • カラー展開が違う

電力消費量が違いますが、お湯が沸く時間に大きな違いはなさそうですね。

やはり大きな違いはデザインと色でしょう。

どちらもスタイリッシュですが、微妙な違いがありますので、じっくり見較べて、お気に入りの色、デザインをお選びになるのがよろしいでしょう。

インテリアによくなじむ、スタイリッシュな電気ケトルでした。

最後までお読みくださって、ありがとうございます。

参考になれば嬉しいです。

[1200Wで4色展開のEGL-C1281はこちら]

>>EGL-C1281の口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています。

[1000Wで3色展開のEKG-C801はこちら]

>>EKG-C801の口コミレビューや詳しい機能はこちらの記事でご紹介しています。

見逃し禁止!Amazonで山善電気ケトルを買う前に

人気があって口コミレビューも高評価いっぱいの電気ケトルですから、一日でも早く届いて欲しいですよね。

Amazonプライム会員に登録すれば、お急ぎ便を追加料金なしで使えますので、最短で翌日商品が届きますよ。

電気ケトルを最短で手にしておいしいコーヒー、紅茶を楽しむことができますよ。

30日間は無料でお試しできるので、ぜひそのほかの会員特典もお試しください。

  • お急ぎ便・日時指定が無料
  • Prime Videoが追加料金なしで対象作品を見放題
  • Amazon Music Primeも追加料金・広告なしで聴くことができます
  • Prime Readingで対象の本が読み放題
  • 会員限定先行タイムセールで、通常より30分早く注文できます

Amazonプライム無料体験に登録してから商品を購入すれば、最短翌日に商品が届きます。

【Amazonプライム無料体験はこちら】 

コメント

タイトルとURLをコピーしました